積立NISA(つみたてニーサ)とは。仕組みは超絶わかりやすくて始めない理由なし!

2018年1月より、つみたてNISA(積立NISA)の制度がスタートしました。

投資信託などの運用と聞くと初心者にとってはハードルが高そうに思えますが、つみたてNISAは運用初心者こそ絶対利用したいとっても分かりやすい制度なんです。

そう、しくみさえ理解してしまえば何も難しくないことが分かるはず。

同時につみたてNISAを利用しないことが、今後の資産形成においてどれだけ損であることかも実感することと思います。

将来的に後悔することがないよう、お金を貯める仕組み作りとしてつみたてNISAを取り入れてみませんか?

ななみ

ななみ
私は損したくない・少しでも有利に資産を増やしていきたいので、つみたてNISAを始めましたよ~!

楽天証券公式サイト

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、

  • 一定額を
  • 定期的に
  • 継続的に

投資信託を購入していく制度です。

本来なら投資信託を運用して出た利益に対して20%の税金がかかりますが、つみたてNISAは年間40万円までは非課税になります。

長期的な視点でお金を増やしていくにはもってこいの仕組みであり、銀行預金だけでは資産を大きく増やすことができない現役世代を、国をあげて応援してくれる制度です。

 

■つみたてNISAの概要

対象者 日本国内に居住する20歳以上の人
対象商品 一定条件をみたし、かつ金融庁に届け出がなされた株式投資信託またはETF
購入方法 積み立て方式のみ
購入可能期間 20年(2018年から2037年)
非課税枠 年間40万円(20年間で上限800万円)
非課税期間 最長20年
中途解約 可能(一部でも全部でも)

 

上記の表からも分かるとおり、つみたてNISAは「一定額」を「定期的」に「継続的」に株式投資信託やETFを購入していく非常にシンプルな制度です。

ななみ

ななみ
次の章ではつみたてNISAの決まり事をもう少し詳しく見て行きましょう!

つみたてNISAのしくみ  4つのポイント

つみたてNISAの制度自体は非常に分かりやすいものになっていますが、細かい決まりごとはあります。

制度を理解し利用を検討するうえで、

  1. 対象商品
  2. 購入方法
  3. 投資枠
  4. 口座開設できる期間

この4つは絶対に外せないポイントです。

対象商品

つみたてNISAの対象となるのは、株式投資信託とETF(上場投資信託)のみです。

  • 運用期間は無期限、または20年以上
  • 毎月分配型は除く(資産形成に適さないという理由で)

など、共通の条件で絞られた135本のみが対象です。

たとえば外国上場株式やREIT(上場不動産投資信託)のみに投資する投資信託は購入することができませんし、株式を含む投資信託でも、毎月分配型のものは購入することができません。

 

■つみたてNISAで購入できる商品

  • 株式に投資する投資信託
  • 株式を含むバランス型投資信託
  • ETF(株式のみ)
ななみ

ななみ
日本で一般向けに販売されている投資信託は約6,000本。つみたてNISAはあらかじめ135本にまで絞ってくれていると考えれば初心者にとってはむしろありがたいことです^^

購入方法

つみたてNISAの購入方法は、その名のとおり「積み立て」に限定されます。

年間の非課税枠である40万円分を一括で購入することはできず、「一定額」「定期的」「継続的」に購入していく必要があります。

だし「定期的」の概念に規定はないため、毎月でも毎週でも毎日でも自由に設定・変更可能です。

また、毎月一定額を積み立てていきながら、ボーナス月には増額することもできます。(※金融機関によって異なる)

投資枠

つみたてNISAの年間の非課税枠は40万円で非課税期間は20年なので、毎年上限額まで積み立てたとすると800万円まで投資することができます。

結婚していれば、妻と夫の2人分の1,600万円を非課税で投資することができるということですから、夢が広がりますね~!

ただし40万円はあくまでも上限額なので、めいっぱい利用する必要はありません。

最低積立金額については特に定められていないため、無理のない範囲でまずは初めてみるといいですね。

楽天証券なら100円から購入OKで、しかも楽天ポイントを使って投資信託を購入することもできますよ^^

→楽天ポイントで投資信託をおすすめする4つの理由。デメリットほぼなし!

口座開設ができる期間

つみたてNISAの制度を利用し、新規で投資信託を積み立てることができるのは2018年から2037年までの20年間です。

仮に2037年に積み立てを開始したとすると、2056年まで非課税で運用することができます。

(出典:金融庁 つみたてNISAの概要

口座開設が可能な期間・非課税期間はともに20年で、この期間は利益に対して税金がかかることはありませんし、入用のときにはいつでも解約することができます。



つみたてNISAの注意点は5つ

つみたてNISAはとても分かりやすい制度であるため、運用初心者でも取り組みやすいのが特徴です。

ただし、つみたてNISAには注意点もあります。

  1. 一般NISAとつみたてNISAの併用不可
  2. 保有中の投資信託はつみたてNISAに移行不可
  3. 解約による非課税枠の復活はなし
  4. 分配金の再投資は新規購入扱い
ななみ

ななみ
「知らなかった・・!」で損することがないよう、しっかりチェックしておきましょう。

一般NISAとつみたてNISAの併用不可

NISAはつみたてNISAと一般NISAの2種類あります。

NISA口座は1人1口座のみ開設可能なので、一般NISAとつみたてNISAを併用することはできません。

ただし、年単位で一般NISAとつみたてNISAを変更することは可能で、変更したい年の前年の10月から12月の間に、所定の手続きを完了すれば変更することができます。

ななみ

ななみ
制度として分かりやすいのは断然つみたてNISA。長期に渡ってコツコツ貯めたい派の方はつみたてNISAを選択するといいですね。

 

保有中の投資信託はつみたてNISAに移行不可

つみたてNISAでは40万円の非課税枠が設けられていますが、枠を利用できるのは「新規」で投資信託やETFを購入する場合に限ります。

すでに一般NISAや課税口座で投資信託を保有している場合、つみたてNISAの非課税枠に移すことはできません。

解約による非課税枠の復活はなし

つみたてNISAの非課税枠40万円の枠内で購入した投資信託やETFは、いつでも自由に解約・売却することができるのは前述の通り。

ただし投資信託を解約したことによって、非課税枠が復活することはありません。

■つみたてNISAの枠内で保有中の30万円分の投資信託の中から10万円分解約

× 非課税枠20万円
○ 非課税枠10万円( = 非課税枠40万円 - 当初保有していた30万円)  

また、保有中の投資信託が繰上償還(当初定められていた期間よりも前に運用が終了すること)された場合でも、非課税枠は復活しません。



分配金の再投資は新規購入扱い

できるだけ資産を増やしたいと考えるならば、分配金は再投資コース一択です。

ただここで注意したいのは、分配金の再投資も新規での買い付け扱いとなり、非課税枠を消費する点です。

たとえば月1回の買いつけで40万円の非課税枠をフルに活用するように購入金額を設定した場合、1月に購入できる金額は3万3,333円ですよね。

しかし年の途中で分配金が再投資されてしまうと、11月や12月の時点で非課税枠を超えてしまう恐れがあり、その時点で新規で買付けることができなくなります。

金融機関によって再投資する分配金の取り扱いは異なるので、非課税枠をフルに活用する場合には金融機関選びも重要になってきます。

非課税枠は翌年に持ち越せない

その年の1月から12月の間で、たとえば毎月1万円×12ヵ月=12万円分しか投資信託を購入しなかったとします。

来年は非課税枠40万円+前年の残りの非課税枠28万円(40万円ー12万円)になるのかというと、答えはNO!です。

非課税枠を使い切らなかったからといって、翌年に持ち越すことはできません。

ななみ

ななみ
こまかい注意点はありますが、“お金に働いてもらう”“将来の資産を増やす”ための制度としては使い勝手がよいことは変わりありません^^




ロボアドバイザーの活用もひとつの方法

つみたてNISAは運用初心者向けの制度ではありますが、まったくの知識ゼロの人がいきなり運用に乗り出すには少々ハードルが高いのも実際のところ。

ご自身の大切な資産をリスクを取って運用していくわけですから、つみたてNISAを開始するまでには多少なりとも知識を得たりある程度勉強してから始めますよね。

とはいえ、

  • いや、それはさすがに面倒
  • 日常に追われて新たな知識を取り入れている時間はない
  • 勉強必須なら定期預金や普通預金に入れたままでいい

 

はい。とてもよく分かります。

そのような場合には、あなたの代わりにすべて自動で資産運用を行ってくれるロボアドバイザーの活用をおすすめします。

→ロボアドバイザー「ウェルスナビ」がおすすめな人。メリットはデメリットを軽く上回る!

ななみ

ななみ
知識がないまま運用に乗り出し、取返しのつかない損失を抱えるくらいなら、ロボアドの活用をおすすめします!

 

つみたてNISAの税制優遇制度は適用されませんが、資産のバランスを考える必要もなく売買についても自動ですべて行ってくれます。

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」なら、ノーベル賞受賞者の考えがベースとなっているので、良い運用成果が導き出せる可能性大なのも魅力のひとつです。

ウェルスナビでは、インターネット上で6問の簡単な質問に答えるだけで最適な運用プランのシュミレーションを無料で手に入れられます。

ちなみ私は月1万円の積み立てで、460万円が70%の確率で898万円になるとのこと!!

ノーベル賞受賞者の理論で導き出された数字なので、かなりワクワクしてしまいました(笑)

あなたもぜひ一度、ウェルスナビの公式サイトでワクワク感を味わってみてください^^

 \シュミレーションは1分で完了/
ウェルスナビ公式サイト

さいごに

「投資」や「運用」と聞くと、初心者の方にとってはとてつもなくハードルが高いように思えるかもしれません。

しかしつみたてNISAは、初めて投資信託で資産形成を始める人や長期に渡って資産形成を行う若い世代を特に意識して設計された制度です。

このありがた~い制度、活用しない手はないと思いませんか?

銀行預金では資産を大きく増やすことが難しい今、どの金融資産を選択するかで将来の資産に大きく差が出る時代です。

まずはお金を貯める仕組み作りとして、少額からでもつみたてNISAを始めてみるといいですね^^

>>楽天証券でつみたてNISAを始める!

 

*つみたてNISAの始め方はこちらをどうぞ*

資産運用、投資信託、つみたてNISA。 運用が始めての人にとってはどれも難しそうに感じられ、ちょっと興味を持ったとしても難しいワードが出て...

関連記事

楽天証券の毎日積立。投信の購入だけで年間最大10,800ポイント貯まる!

楽天証券の口座開設の流れ。簡単すぎて解説を躊躇するレベルだった。

定期預金のメリット3つとデメリット2つ。元銀行員がこっそり教えます・・!

【画像つき】つみたてNISAの始め方。初心者でもスムーズに始められた!

楽天銀行のマネーブリッジは金利100倍で低リスク希望者向け!

主婦の投資。楽天証券で資産形成をおすすめする4つの理由。