先取り貯金は仕組み作りから。積立定期預金・自動入金でほったらかしで貯める!

「1年で100万円貯めました!」

「手取り20万円で毎月3万円貯金しています!」

こんな貯金上手さんの多くが取り入れているのが「先取り貯金」です。

でも私のように貯蓄ベタな人にとっては、貯金上手さんの先取り貯金をただただマネしてもなかなかうまく増やすことができないことも・・!

そこで大切なのは、先取り貯金にプラスして貯めやすくするための工夫を取り入れることです。

これからご紹介する積立定期預金や自動積立を取り入れれば、なかなか貯金ができない負のスパイラルから抜け出せるかもしれませんよ^^

積立定期預金とは

積立定期預金とは、毎月決まった日に決まった金額を口座から振り替えたり自動入金することで積み立てていく定期預金のことです。(随時積立方式もあり)

たとえばお給料が入った翌日を引き落とし日に設定しておけば、給与口座から積立定期預金口座に毎月勝手に振り替えてくれます。

最初の手続きこそ必要ですが、一度手続きをしてしまえば口座を解約するか任意の期日が来るまで毎月自動的に積み立てることができます。

この先取り貯金+積立定期預金の仕組みは、普通預金だとついつい引き出してしまう人や強制力なしでは貯金できない人にはかなりおすすめです。

毎月の積立額や振替日については最初の手続きで設定することができ、途中で変更可能なので無理のない範囲で行うことが可能です。

積立定期預金のおすすめ銀行

積立定期預金に期待するのは、高い預金金利ではなくどちらかというと貯蓄の強制力や仕組み作りです。

実際に積立定期預金金利は、普通の定期預金(スーパー定期預金)の預金金利と同じ0.01%なので、決して高い金利が期待できるわけではありません。
(預金金利は大手銀行・ゆうちょ銀行の2018年6月現在)

したがって積立定期預金を始めるにあたって、この銀行がおすすめ!というものは特にありません。

しいていえば、給与口座は会社の指定で変更が難しい場合があるので、給与口座と同じ銀行で始めるのがおすすめかな?というくらいです^^

また、特に積立定期預金口座で貯めることにこだわらないのであれば、ネット銀行の定期預金に預け入れるのもかなりおすすめです。

ネット銀行なら自動振替で貯蓄の仕組みも作れるうえ、高い預金金利も期待できて一石二鳥ですよ^^

自動入金でネット銀行利用を活用

普通の銀行での積立定期預金なら、普通預金よりはほんのちょっとだけ高い定期預金金利がつきますが、ネット銀行なら断然高い預金金利がつきます。

これを活用しない手はありません!!

ただ、他行口座から他行口座へ自動入金でお金を振り替える場合、普通なら振込手数料がかかります。

3万円以上の他行宛ての振込だと864円もかかるので、1ヵ月に1回、年12回ともなるとバカになりませんよね。

しかし他行宛ての自動入金であっても振込手数料がタダのネット銀行を利用すれば、手数料がずーっと無料なんです♪

ソニー銀行のおまかせ入金サービス

ソニー銀行のお任せ入金サービスは、一度設定すれば毎月決まった日にちにソニー銀行の普通預金に手数料無料で入金されるサービスです。

設定金額 1万円以上1,000円単位
引落日 毎月5日または27日(休業日の場合は翌営業日)
入金日 引落金融機関での引落から4営業日後
手数料 無料

 

ソニー銀行の普通預金金利は0.001%で普通の銀行と変わりませんが、定期預金金利は6ヵ月・1年・2年もので0.15%です。

毎月決まった額を普通預金に入金し、定期預金に振替えることで普通預金の150倍もの預金金利がつくので、気分よく貯蓄を行うことができます(笑)

ソニー銀行の普通預金から定期預金への振替手数料はもちろん無料で行うことができ、ネット上で手続きを行うことができるので場所や時間を選ばないこともメリットと言えそうです。

ただしおまかせ入金サービスは、本人名義間の移動のみ対象なので注意が必要です。

住信SBIネット銀行の定額自動入金サービス

住信SBIネット銀行でも定額自動入金サービスを利用すれば、手数料無料で毎月普通預金口座に入金することができます。

設定金額 1万円以上1,000円単位
引落日 毎月5日または27日(休業日の場合は翌営業日)
入金日 引落金融機関での引落から4営業日後
手数料 無料

住信SBIネット銀行も普通預金金利は0.001%ですが、6ヵ月・1年ものの定期預金金利は0.2%とソニー銀行を上回っています。

少しでも高い預金金利で預け入れをしたい場合や、すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている場合にはぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ソニー銀行同様、本人名義間での移動のみ振込手数料が無料になります。

楽天銀行の活用も視野に

残念ながら楽天銀行には自動入金サービスがないので、楽天銀行を利用するなら毎月自分で振替える必要があります。

しかし楽天銀行の普通預金金利は0.02%(ソニー銀行、住信SBIともに0.001%)、楽天カードの引き落としがある場合には0.04%、マネーブリッジ活用で0.1%の預金金利がつきます。

普通預金でここまで高金利な銀行は他には見当たりません。

預金金利0.1%という数字は、そのくらいものすごいことなのです。

定期預金に関しては1年もので0.12%とやや見劣りするので、すでに楽天銀行口座を持っている、これから楽天証券で投資信託を始めてもいいかなと思っている方は利用を検討してみるといいかもしれませんね。

2017年8月末より、楽天ポイントで投資信託を購入できるようになりました。 しかも楽天証券なら100円から投資信託を始められるので、今まで...
>>楽天銀行口座の開設はこちら

 

ちなみに手数料に関してはATMでの3万円以上の預け入れ、もしくはあらかじめ指定した本人名義のゆうちょ銀行口座からの入金で手数料が無料になるのでご参考までに^^

楽天銀行の入出金手数料は216円~270円とかなり高めに設定されています。 個人的には自分のお金を入れたり出したりするのに手数料を支払うな...

さいごに

貯金上手な人の貯蓄術は、貯金ベタな人にとっては少々ハードルが高いことも多いですが、積立定期預金や自動入金を活用すればなんとなく貯まられそうな気がしてきますよね。

仕組みさえ整えてしまえば万年貯金ゼロから大脱出することも可能なので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか^^

関連記事

小銭貯金はやり方次第で年間66,795円にも!入金はゆうちょが断然お得なワケ。