レモンガスのデメリットは3つ!契約前に要チェック!

2017年4月からガス小売自由化がスタートしました。

以前まではエリアごとにガスを供給する会社が決められていましたが、ガス小売自由化によって、消費者が自由にガス会社を選択できるようになりました。

我が家では東京ガスを利用していましたが、ニチガスとレモンガスの新プランでシュミレーションしたところ、年間1,242円+α節約できるレモンガスの都市ガスプランが一番お得になることが判明しました。

1年のなかでもっともガス代が高くなる冬。 お湯の設定温度を下げたり湯舟に貯めるお湯の量を減らしたりと、ガス代の節約に励んでいる方も多いです...

 

でも・・!

ななみ

ななみ
料金が安くなるという理由だけで本当にレモンガスに変更しても大丈夫かな?

 

いい面があれば悪い面も絶対にあるはず・・!

  • レモンガスの都市ガスにデメリットはあるのか
  • デメリットがあるとしたら、それは許容範囲なのか

徹底的に調べてみました!

レモンガスの公式サイトはこちら

レモンガスのデメリット① 電気とセットではやや見劣る

レモンガスの都市ガス事業の新プランである「わくわくプラン」のガス料金は、東京ガスエリア内の新規参入企業の中ではかなり安い料金設定になっています。

そのため都市ガスのみの切替であれば、東京ガスエリア内においては切替によってかなりガス代を節約することができます。

ただし、電気もガスもレモンガスに切り替えたい場合は話は別です!

 

レモンガスの都市ガスプラン「わくわくプラン」には、セット契約できる電力プランがあります。

東京電力エナジーパートナーが提供する電気プラン「プレミアムプランS/L」とセットで契約することで、月額100円・年間1,200円の割引が適用されるという内容です。

節約とはこういう小さな金額の積み重ねがとっても大事なので、電力の切り替えも検討している場合にはぜひセット契約を!

・・と言いたいところですが。

東京ガスにもガスと電気のセットプラン「ガス・電気セット割」があり、月々270円で年間3,240円の割引が適用されます。

  • レモンガスのセット割 → 月額100円・年間1,200円の節約
  • 東京ガスのセット割  → 月額270円・年間3,240円の節約

 

都市ガスとともに電気の切り替えも検討している場合には、レモンガスのセット割引では節約効果が物足りない印象はぬぐえませんね。

ただレモンガスの都市ガス「わくわくプラン」がかなり魅力的であるのは事実です。

電気も他社に切り替えたい場合には、「都市ガスはレモンガス、電気は他社」と、セットプランでの契約は見送るようにするといいですね。

ちなみに我が家は都市ガスはレモンガス、電気はLooopでんきに変更することで、年間の固定費を9,161円(ガス1,242円+電気7,919円)節約することが可能になっています^^




レモンガスのデメリット② 口座振替割引がない

レモンガスのガス料金の支払いは口座振替を選択することはできますが、東京ガスのように口座振替割引はありません。

東京ガスだと口座振替割引適用で、月々54円・年間648円節約することができるため、この点はレモンガスのデメリットと言えそうです。

でも口座振替割引がないのなら、代わりの手段を利用すれば即・解決!です^^

 

都市ガスをレモンガスに変更する際、クレジットカード払いにすれば東京ガスの口座振替割引の54円は簡単に取り戻せます。

たとえば楽天カードだとポイント還元率は1%、100円で1ポイントが付与されます。

毎月のガス料金が5,000円ならクレジットカード払いにすることで、楽天ポイントを50ポイントゲットできます。

つまりガス料金が5,400円を上回るのであれば、東京電力の口座振替割引の54円よりも多くのポイントを得られるということです^^

ちなみに楽天カードは他のクレジットカードよりもポイント還元率が高く、貯まったポイントの使い道に困ることはまずありません。

ななみ

ななみ
レモンガスの口座振替割引がないデメリットは、クレジットカード払いにすることでチャラにできます!

レモンガスの公式サイトはこちら

レモンガスのデメリット③ 対象エリアが限られている

レモンガスの都市ガス供給エリアは東京・神奈川・埼玉です。

ガス小売自由化で新規参入したニチガス・東京電力エナジーパートナーの供給エリアである、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬に比べるとかなり狭いエリアであることが分かります。

こればっかりは仕方がないことなので、東京・神奈川・埼玉在住の方はラッキー!

それ以外の関東エリアの在住の方は、レモンガス以外の新規参入企業で検討しましょう。

ちなみにニチガスの対象エリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・山梨・静岡となっています。

ガス単価は一般のガス会社よりも5%低いので、レモンガスのエリア外でニチガスのエリア内にお住まいの方は検討されてみてもいいかもしれません。

 

\まずはシュミレーションをどうぞ♪/
ガスのことならニチガス

\\ニチガスへの変更の不安はこちらで解消できます//

1955年よりLPガス事業からスタートしたニチガス。 もっとも競争が激しい関東圏において、ニチガスのLPガスシェア率はNO.1で総顧客数は...

さいごに

レモンガスはガス代節約に大きく貢献してくれそうな料金プランを提供してくれていますが、やはりデメリットも確実に存在していました。

デメリットが許容範囲であるならば、レモンガスへの変更を検討する余地は十分ありますね。

これからの季節、ガス代が急に高くなることは大いに予想されます。

秋冬シーズンのガス料金の請求に心臓が止まりそうになる前に、早めの対策を練っておくといいですね。

レモンガスの公式サイトはこちら

 

\固定費の節約はこちらもどうぞ/

毎月のスマホの支払いが高いな~と思い続けて早数年。 今までスマホはドコモで契約していて、毎月ほぼ定額で8,800円もの大金を支払っていまし...

関連記事

電力会社変更で考え得る不安をとことん調べてみました!

Looopでんきの基本料金0円のカラクリは?疑惑の料金体系を暴く!

カーシェアリングとマイカー比較。衝撃すぎる結果が待ち受けていた!

プロパンガスの切り替えをトラブルなしで行うたった1つの方法!

ドコモが高いので楽天モバイルに乗り換えたら、月7,820円もの固定費節約に成功!

ガス代が急に高くなった!3つの解決法で寒い冬を乗り切ろう。