楽天証券でつみたてNISAを始める4つのメリット。

ネット証券はもちろん、銀行や普通の証券会社などほぼすべての金融機関でつみたてNISAの取り扱いがあります。

でも初心者にとって多すぎる選択肢は混乱のもとですよね。

  • つみたてNISAを始めるのはどこの金融機関がいい?
  • 少しでもメリットが多い金融機関はどこ?

私が胸を張っておすすめするのはズバリ「楽天証券」です。

 

私自身つみたてNISAを始める前に、どの金融機関がお得か徹底的にリサーチしましたが、調べれば調べるほど楽天証券で口座開設をしない理由が見当たらないではありませんか!(笑)

私が楽天証券に大きく心惹かれたメリット4つについて、詳しく解説していきたいと思います^^

>>楽天証券で口座開設する

つみたてNISAの銘柄が抜群に多い

楽天証券のつみたてNISAの取り扱い商品は143本です。(2018年7月時点)

大手証券会社のつみたてNISAの取り扱い本数は、野村證券が6本、大和証券が15本ということなので、いかに楽天証券の取り扱い本数が多いかが分かりますよね。

大手証券会社のつみたてNISAの取扱商品が少ないということは、証券会社があらかじめ絞られたなかから商品を選べばよいので、一見すると初心者にとっては親切なことにさえ感じられるかもしれません。

 

証券会社の人

証券会社の人
うちでは●●の指標に連動する商品は「○○ファンド」、バランス型は「△△ファンド」で用意しています。さあ、どれにしますか?

 

このように、一定の基準ごとに商品を絞ってくれていたら選びやすいですよね。

でも・・ファンド選びって本当に重要なことです。

たとえば同じ指標に連動するインデックスファンドなら、どの銘柄でもリターンが同じかといえばもちろんそんなことはありません。

  • 運用実績があるか
  • 純資産総額は右肩上がりか
  • 信託報酬は低いか

などによってパフォーマンスもリスクも変わってきます。

 

また、もしも保有中の銘柄の運用成績が途中で下がってきたとしたら、当然他の銘柄での積み立てを検討しますよね。

しかし取り扱い商品があまりに少ないと、選ぶ余地がない・どれも選択しかねるなどの問題が出てくることも。

つみたてNISA口座は1人1口座しか持つことができず、他の金融機関に移すこともできますが時間と労力がものすごくかかります。

楽天証券のように取り扱い銘柄が多いことは同じような商品のなかで比較したり変更することができるので、間違いなくメリットだと言えます。

 

*商品の選び方についてはこちらの記事に詳しく書いています*

つみたてNISAを始めるきっかけで多くの人に共通するのは、「長期的に資産形成をしたい」という考えではないでしょうか。 つみたてNISAの年...

つみたてNISAで楽天ポイントが使える

課税口座ではおなじみですが、楽天証券では楽天ポイントを使って投資信託を買い付けることができます。

2017年8月末より、楽天ポイントで投資信託を購入できるようになりました。 しかも楽天証券なら100円から投資信託を始められるので、今まで...

 

現金を持ち出すことなく実質タダで投資信託を購入できるゼロ円投資は、楽天証券ならではのメリットと言えますね。

実はこの制度、2018年夏頃よりつみたてNISAでの取り扱いもスタートするそうです^^

期間限定ポイントは利用できないなど課税口座同様、いくつかの縛りはあると思われますが、メリットであることには変わりありませんよね。

楽天カードや楽天市場など、楽天ユーザーは楽天証券でつみたてNISAを始めるのがおすすめです。

>>楽天証券の公式サイトはこちら

楽天証券なら100円から積み立て可能

楽天証券は100円以上1円単位での積み立てが可能です。

多くの銀行や対面の証券会社の最低積立金額は1,000円もしくは1万円に設定されているので、楽天証券なら運用初心者の方でも参入障壁がかなり低いと言えます。

 

  • 投資初心者でいきなり数千円数万円を積み立てるのは怖い
  • まずはごく少額からとにかくコツコツ積み立てたい

このような方にとっては、楽天証券の少額投資はかなりメリットに感じられるのではないでしょうか。

なお、ネット証券のSBI証券でも最低積立金額は100円からに設定されています。

楽天証券のマネーブリッジで預金金利100倍

楽天証券口座を開設する場合、合わせて楽天銀行も口座開設することをおすすめします。

  • 楽天銀行口座開設
  • 楽天証券口座開設

この2つの条件を満たすだけで、楽天銀行の普通預金金利が0.1%にもアップします。

もしかすると“0.1%”にピンと来ないかもしれませんが、これは普通の銀行(メガバンクや都銀などの対面銀行)の100倍相当の金利なんです。(2018年8月現在)

これは楽天証券ならではのメリットと言えますね^^

楽天銀行口座も楽天証券口座同様、無料で開設することができるので忘れずに手続きすることをおすすめします。

さいごに

以上4つのメリットによって、私は楽天証券でつみたてNISAを始めることに決めました。

実際に楽天証券でつみたてNISA口座を開設してみて、特に不満もデメリットが見当たらないのもポイントが高いと言えます。

口座開設手続きもまったくつまずくことなくスムーズに進められたので、その点も含めてつみたてNISAは楽天証券で始めるのをおすすめします。

>>楽天証券でつみたてNISAを始める!

関連記事

楽天ポイントで投資信託をおすすめする理由4つ。デメリットはほぼないと判明!

楽天証券の口座開設の流れ。簡単すぎて解説を躊躇するレベルだった。

【画像つき】つみたてNISAの始め方。初心者でもスムーズに始められた!

定期預金のメリットとデメリット。元銀行員がこっそり教えます・・!

投資信託とは。3分でわかりやすく解説します!

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」がおすすめな人。メリットはデメリットを軽く上回る...