ガス代の節約方法。プロパンガスが安くなるとっておきのワザ。

我が家では固定費を少しでも抑えるために都市ガスの小売自由化の恩恵を受けるべく、ガス会社を変更することにしました。

大した手間もかからずに、ガス会社を変更するだけで最低でも年間約1,300円プラスα安くなるんですから、変更しない手はありませんよね♪

1年のなかでもっともガス代が高くなる冬。 お湯の設定温度を下げたり湯舟に貯めるお湯の量を減らしたりと、ガス代の節約に励んでいる方も多いです...

この話を節約好きの実母に話すと、「年間で1,300円(ぽっち)か・・」というまさかの反応・・!

10円でも安いものを求めてスーパーの特売に行くくせに!と反論すると、「確かに・・」と目からウロコのご様子でした(笑)

 

とはいえ私の母のように、普段の買い物では節約を頑張っているのに、なぜか固定費の節約は除外して考えている人って意外と多いもの。

手間もストレスもなく節約できるるうえ、節約効果は抜群なので本当にもったいないことだと思います。

実家の母が試しにプロパンガス乗り換えの無料診断をおこなったところ、現在支払っているガス料金との差に驚愕したのだとか・・!

そこで今回はまさに知っている人だけが得をしている、プロパンガス(LPガス)のガス代をてっとり早く節約する方法についてご紹介したいと思います。

>>ひとまずガス料金が適正か診断してみる!

 ガス代が高い原因は?

  • ママ友との何気ない会話の中で、ガス代が破格の高さだということが判明!
  • 何気なくガス代の請求書を眺めていたらめちゃくちゃ高いことに気づいた!

このようにご自宅のガス代が高いなあと感じることがあるのならば、それにはいくつか原因が挙げられます。

都市ガスとプロパンガスの違い

一般的にプロパンガスは都市ガスに比べて高いと言われていますよね。

その理由は、都市ガスは公共料金であるのに対して、プロパンガスは国や公共機関が定めるガイドライン等が存在しないからです。

つまりプロパンガス事業者は、各事業者ごとに自由に料金を決めることができるのです。

 

プロパンガスの方が供給にコストがかかると言えども、自由に決めてよいとなれば高めの料金を設定してしまうのが人間のサガ。

実際に都市ガスとプロパンガスの価格差は、関東エリアにおいては1.89倍、全国的に見ると1.86倍もの差が生じています。
(出典:資源エネルギー庁 ガス料金等の現状について

このことからも分かる通り、都市ガスがプロパンガスよりも高いのは事実で、使用しているガスが都市ガスかプロパンガスかで大きくガス代が変わってくるのです。

ガス代が高いのはプロパンガスの仕組みにあり

同じプロパンガスを使用しているのにもかかわらず、毎月のガス料金がAさん宅とBさん宅では全然違うということも普通に起こります。

それは前述の通り、プロパンガスは各事業者でガス料金を自由に設定することができるからです。

 

ここでガス代の算出方法を見てみましょう。

基本料金+(単位料金×ガス使用量)=ガス代

  • 基本料金 1,500円~1,900円
  • 1㎥あたりのガス代 500円~700円

 

仮にAさん宅とBさん宅のガス使用量が同じ15㎥だとします。

Aさん宅
基本料金・・1,500円
1㎥当たりのガス代・・500円
1ヵ月のガス代・・9,000円

Bさん宅
基本料金・・1,900円
1㎥当たりのガス代・・700円
1ヵ月のガス代・・12,400

このように同じプロパンガスでも供給会社が違うだけで、毎月のガス代が3,400円もの差が出ることだって普通にあり得るのです。

1年に換算すると40,800円もの差に・・!

40,800円あれば家族で近場に1泊旅行に行ったり、ちょっと豪華なディナーにだって行けちゃう金額ですよね。

毎月支払っているガス代は本当に適正料金なのか、知らず知らずのうちに高額なガス代を支払っていないか、一度調べてみることをおすすめします。

>>ガス代が適正なのか調べてみる!

夏と冬のガス代の差は季節要因が大きい

冬の時期のガス代は夏に比べると恐ろしいほど料金が上がるものです。

冬は気温が低くなるためそれに伴って水温も下がります。

冬と夏、同じ40℃のシャワーを浴びるとしても、10℃の水と20℃の水を40℃にするのでは使用するガスの量が大きく変わってきますよね。

このように、季節によってガス代が大きく変わるのはある意味仕方のないことかもしれません・・。

プロパンガスは一足先に自由化

都市ガスが自由化されたのはつい昨年のことですが、プロパンガスは一足先に自由化されています。

自由化とは、消費者がガス業者を自由に選べるということ。

多くの人が長年に渡り同じガス業者を利用している理由は、ガス業者を変更できることを知らないことが多いのが要因の1つです。

仮にガス業者を変更できると知っていたとしても、「どうせ手間がかかるんでしょ・・?」と放置しがちなんですよね。

もったいない!あぁもったいない!!

 

電話一本でプロパンガス料金は安くなるのに・・!

電話一本で年間数万円節約できるかもしれないのに・・!!

 

しかも、2017年に都市ガスの小売自由化がスタートしたことにより、ガス業界は新たな転換期を迎えているのではないかと推測できます。

それはプロパンガス業界においても、今後価格面等で消費者にとってよい風が吹くことも予想されます。

高止まりし続けるガス業者と契約し続けるのではなく、少しでも安く供給してくれるガス業者に変更し、ガス料金を大きく節約していきたいですね^^

>>無料で料金の適正診断をしてみる!

【もっと知りたい!】ガス代の節約方法

ガス代を今よりももっと安くするには、単価の安いプロパンガスの供給会社の変更するのが一番手っ取り早い方法です。

でもそれ以外にもガス代を節約する方法はあります。

ガス会社の変更でガス料金の「単価」を下げながら、ガスの賢い使い方で「使用量」そのものを減らすことができたら・・?

ガス代は単価と使用量を下げる二刀流で、大きく節約していきましょう!

お風呂でできるガス代節約方法

お風呂場は一番ガスを使用すると言っても過言ではありません。

毎日少しの積み重ねが大きな節約につながります。

ストレスを溜めない程度に意識してみましょう^^

◎湯舟に貯めるお湯の量を減らす

我が家ではお湯を張る量はだいたいバスタブの5分目程度です。

ギリギリ胸くらいの高さまでしか浸かれませんが、体を沈めればまったく問題ありません^^

少ないお湯の量なので、10分もかからずお湯張りが完了するのでお風呂に入りたいときにすぐ入れます。

時短にもなって一石二鳥だと思っています。

◎節水シャワーヘッドを使う

昨今の節約ブームで、節水シャワーヘッドにもさまざまな種類が販売されています。

私が実際に使用してみておすすめなのは、手元スイッチでお湯を出したり止めたりできるタイプのものです。

これは超個人的な見解ですが、蛇口をひねってお湯を止めるとどうしても0コンマ1秒レベルでお湯を無駄にしていると感じています。

それが手元スイッチがあれば即解決!

普通のシャワーと比べて節水効果が60~70%の節水シャワーヘッドも販売されているので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか^^

 

◎追い炊きをしない

追い炊きはかなりガス代を食うので、できるだけ使用しないのがベターです。

でも家族で一番最後にお風呂に入る場合、湯舟のお湯は冷めきってしまっていますよね。

そんなときには追い炊きではなく、蛇口から熱いお湯を出して湯舟のお湯を温めるようにしましょう。

1日1回追い炊きを使用するよりも約1,000円程度、1ヵ月のガス代を節約することができます。

キッチンでできるガス代節約方法

キッチンもガス代を多く使用する場所の1つですよね。

ちょっとしたことでも毎日積み重ねることで節約効果が期待できることがたくさんあるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ガスコンロの火加減に要注意!

鍋やフライパンからはみ出すほどのガスコンロの火は、すべて無駄になっています。

調理の際は強火ではなく中火を意識するようにしましょう。

電子レンジを活用する

根菜など調理する際、中まできちんと火を通すとなるとかなり時間がかかりますよね。

しかし食材の下処理に電子レンジを活用すれば、ごく短時間で調理ができてしまいます。

ガス代を節約できるのはもちろん、時短にもなるので、電子レンジは積極的に活用していきたいですね^^

さいごに

プロパンガスはそれでなくても都市ガスと比べて高いのに、ガス業者によって料金が異なるなんて本当に驚きですよね。

さらに東京都の1㎥あたりのガス料金は500~700円ですが、適正価格はもっと低い・・なんて噂も耳にします。

ガス料金の適正診断は無料でできるので、まずはご自宅のガス料金が適正なのかを調べてみる必要がありそうですね。

ガス業者を変更するだけで固定費を大幅に節約できるのなら、試してみる価値は十分にありますよね^^

>>無料で料金の適正診断をしてみる!

 

*あわせてよみたい*

大きく節約をしたいと考えるなら、固定費の見直しをするのが手っ取り早い方法の1つです。 特に持ち家で一軒家の場合、住宅ローンに加え10年を目...

関連記事

電力会社変更で考え得る不安をとことん調べてみました!

エルピオでんきの切り替えはたった3ステップ。年間数千円の電気代節約は5分で完了!

エルピオでんきの申し込み方法。5分で手続きを済ませたあとはただ待つのみ!

電気代が高い。4つの安くする方法で年間約8,000円の節約が可能に。

エルピオでんき変更でいくら安くなる?シュミレーションで関東最安値レベルの安さを実...

ガス代が急に高くなった!3つの解決法で寒い冬を乗り切ろう。