無駄遣いでもう後悔しない!5つのちょいテクで未来を変えよう。

  • この前お金をおろしたばかりなのに、もう財布の中身が少なくなっている
  • 生活費の予算立てをしてもうまくいった試しがない
  • 使途不明のお金がある

こんな経験はありませんか?

貯蓄ベタな私はもちろんすべて経験済みです(泣)

諸悪の根源はやはり無駄遣いであることが多いと感じています。

お金を払う時点では無駄遣いの感覚は微塵もなくても、あとになって考えてみると「無駄遣いだったかも・・」と激しい後悔に苛まれたのは一度や二度ではないからです。

 

セールでお金を使っては後悔、生活費の予算が崩れては後悔・・。

いい加減お金の使い方で後悔する日々から脱却すべく、5つの決まり事を取り入れたところ、無駄遣いで後悔することが劇的に少なくなりました^^

まずは浪費癖チェックから

  • 節約のため、安いスーパーをハシゴするのが日課
  • ふらっとコンビニに寄ることがよくある
  • セールと聞くと買わずにはいられない
  • ポイントカードで財布は常にパンパン
  • ネットショッピングでは送料無料になる金額までまとめ買いする
  • 口癖は「お金がない」
  • 貯金額が目標金額までなかなか到達しない

当てはまる項目が多いほど、浪費癖・無駄遣い癖が強いと言えます。

 

ななみ

ななみ
以前の私はすべてに当てはまるという見事なまでの無駄遣い癖がついていました・・。

無駄遣いしないコツは5つ

無駄遣いを無くすためには、「正しいお金の使い方」を身につけることがなによりも必要なことです。

これからご紹介する無駄遣いしないコツ5つを習慣的に取り入れることで、いとも簡単に「買わない人」に生まれ変わることができますよ^^

ラテマネーを無くす

「ラテマネー」という言葉をご存知でしょうか。

なんとなくふらっとコンビニに立ち寄りコーヒーを買う。

ついでに甘いものも買っておこう。なんとなく口寂しくなったときのガムも買っとくか・・。

はい、これらすべてラテマネーに該当します。

 

ラテマネーの「ラテ」とは「カフェラテ」が語源です。

コーヒー1杯400円とすると、1回で見ると小さな金額でも、積もり積もると大きな金額になりますよね。

このように無意識のうちに無駄遣いしてしまっているお金のことをラテマネーと呼びます。

ふらっとコンビニ、ふらっと100均、ふらっとカフェに立ち寄って、惰性で購入しているものはありませんか?

塵も積もれば山となることを心に留めておきましょう。

 

*あわせてよみたい*

スターバックスやドトールなどでコーヒーを楽しむとなると、商品やサイズによっては500円を超すことも。 月に1、2回の利用ならまだしも、週に...

Time is moneyを意識する

今日は1丁目のスーパーの玉子の特売日、そのあと隣町のスーパーの目玉商品を買って、12時から○○スーパーのタイムセールでお醤油買わなくちゃ!

1円でも節約するために、スーパーをハシゴしていませんか?

一見すると節約を頑張っているように思えますが、労力とコストを考えると必ずしも節約になっているとは限りません。

 

スーパー巡りに車を使用するならばガソリン代がかかります。

たとえ自転車移動だとしても、疲れてお昼ご飯を作る気力がなくなった末、お弁当を買ったり頑張った自分にちょっと甘いものも・・など、本来なら使わなくて済むお金が発生するかもしれません。

これらのお金は間違いなく無駄遣いに該当します。

 

また、スーパーをハシゴすることで移動時間など買い物にかかる時間も増えますよね。

その時間があれば、

  • ワイシャツにアイロンがけする時間が生まれ、クリーニング代が浮く
  • 作り置きができるおかげでお惣菜を買わなくて済む

など、節約ポイントが生まれます。

時は金なりとはまさにこのことで、時間を大切にすることで自然と無駄遣いを減らすことにつながります。




買い物する時間帯を考える

お昼時や夕飯時のスーパーのお惣菜コーナーを通るといい香りが・・。

お腹が空いているもんだから、ついあれもこれもとお惣菜や食材を買いすぎてしまいませんか?

人によって購買意欲が沸く時間帯は必ずあります。

私はスーパーが開店したばかりの早い時間帯やお昼ご飯を食べてすぐのタイミングで買い物に行くと、食欲が満たされていることもあり、自然と購買意欲が減り結果的に無駄遣いを無くすことができています。

買い物する時間帯を決め、購買意欲をコントロールすることができれば自然と無駄遣いを減らすことができるのでおすすめです。

クレジットカードではなく現金払いにする

クレジットカード払いだとポイントがついたり特典があったりと、現金払いにはないメリットがたくさんあります。

なので、クレジットカード払いを否定する気は毛頭ございません。

でも・・クレジットカード払いだと現金払いに比べるとお金を支払う感覚が少なく、ついつい使いすぎてしまう人は要注意です。

毎月の支払いに四苦八苦しつつも、なんとかやりくりできているうちはまだいいですが、リボ払いを選択するようになったら完全にアウトです。

 

リボ払いとは、毎月の支払額を指定し一定額を支払っていくもので、手数料は利用残高に応じて算出されます。

つまり、支払い期間が長くなればトータルで支払う手数料が多くなり、支払い回数や利用残高によっては手数料だけで数万円支払うことだって普通に起こり得ます。

自分では無駄遣いしているつもりはなくても、リボ払いにすることによって気づかないうちに手数料分を無駄に支払っているのです・・!

30万円のカード利用の返済に6年弱かかってしまうこともある、実はやばいリボ払い。 「便利」「使い勝手がよい」など、テレビCMではメリットば...

 

ちなみに手数料がかかるのは分割払いも同じで、3回払い~手数料が発生するカード会社が多いようです。

計画的に買い物をすることが苦手な人は、クレジットカードではなく現金払いに徹することで無駄遣いを減らすことができます。

衝動買いを無くす

衝動買いの一番の問題点は、実用性や必要性などまったく考えることなく、「欲しい!」その欲だけで購入してしまうところにあります。

なかには買ってよかったと思えるときもありますが、十中八九後悔するハメになるのはご自身の経験からよく知っているのではないでしょうか。

私も以前は衝動買いの達人で、無駄遣いだったと後悔したことは数知れず・・。

そこで取り入れたのが、欲しいものの棚卸でした。

 

  1. 買い物リストを作る
  2. 欲しい理由といらない理由を書きだす

特に②はとても大切なことで、たとえば欲しいものがブーツだったとします。

欲しい理由 → 冬にはきたい
いらない理由 → 日常使いできない

このように欲しい理由といらない理由を明確にすることによって、本当に買っていいものなのか精査することができます。

この2つを徹底することで、「欲しいもの以外はいらない」ことを認識でき、今では自他ともに認める「買わない人」になることができました^^

さいごに

無駄遣いを減らすことができるようになってからというもの、大げさではなく人生が豊かになったと感じます。

金銭的なことだけではありません。

いらないものは買わない、本当に必要なものだけに囲まれて生きていくことほど幸せなことはないと実感しているからです。

あなたもお金の使い方で後悔するのを無くすために、5つの習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか^^

関連記事

家計のやりくりのコツ。食費と固定費節約がやりくり上手の第一歩に。

主婦こそプレミアムフライデーを有効に!割引・お得情報7選!

生活コストを下げる方法。たった3つのことを見直すだけで低コスト生活が実現する!

ゆうパックスマホ割アプリなら送料が180円引きに。使い方は1分でマスターできる!