医療費控除はスマホでサクッと完了。やり方をどこよりも詳しく解説します!

税金・公共料金
スポンサーリンク

平成30年分の確定申告より、スマホからでも申告書の作成からオンライン提出まで完了できるようになりました。

これによって、限定的ではありますが確定申告をより手軽におこなえるようになりました。

医療費控除やふるさと納税などの寄付金控除をおこなう人は、ぜひ読み進めていってみてくださいね♪

確定申告をスマホでできる人は限定的

2018年分の確定申告より、スマホからでもおこなえるようになりました。

・・が!

2018年分、つまり2019年の確定申告では、

  • 給与所得のみ
  • 1ヵ所からの給与のみ
  • 年末調整済み

これらすべてに該当する人しか、確定申告をスマホでおこなうことはできませんでした。

つまり、サラリーマンで医療費控除あるいはふるさと納税などの寄付金控除を受ける人のみ、スマホでサクッと確定申告が済ませられたということです。

ここまででかなり限定的な印象ですが、2020年の確定申告より、

  • 2ヵ所以上から給与をもらっている
  • 公的年金など雑所得がある

これらに該当する人もスマホで確定申告をおこなえるようになります。

ただしいずれにしても、事業所得や不動産所得など個人事業主として確定申告をする場合には、スマホでの確定申告はできません。

つまり現状としてスマホでの確定申告は、

“会社で年末調整をおこなっているので普通なら確定申告をする必要はないが、医療費控除、寄付金控除を受けるためだけに確定申告をおこなう1ヵ所からのみ給料をもらっているサラリーマン”

のための制度といえます。



医療費控除をスマホでおこなう流れ

医療費控除や寄付金控除などをスマホでおこなう流れは以下のとおりです。

作成した書面を印刷して郵送する方法とe-Tax方式が選べます。

ただe-Taxは便利ではあるものの、専用の読み取り機が必要だったり税務署で対面での本人確認後にID・パスワードが発行されるなど、何かと時間と手間がかかります。

なので今回は作成した書類を郵送で提出する方法についてサクッと解説しますね!

なお、郵送で医療費控除の申請をする前に準備するものについては、医療費控除の申請方法は事前準備がカギとなる!で詳しく解説しています^^

郵送で提出する場合

  1. 国税局 確定申告書等作成コーナーにログインする
  2. 【確定申告等の作成はこちら】→【作成開始】
  3. 申告内容に関する質問で【書面】を選択
  4. ガイドに従って必要事項を入力する
  5. 作成した書類を印刷する
  6. 管轄の税務署へ郵送にて提出
ななみ
ななみ

ひとつずつ詳しく見て行きましょう♪




①国税局確定申告書作成コーナーにログインする

②【確定申告等の作成はこちら】→【作成開始】

③申告内容に関する質問で【書面】を選択

申告内容に関する質問で書面を選択すると、そのあといくつか質問が続きます。

  • 確定申告をする年分は令和元年分ですか
  • 申告する収入を全て選択してください。
  • お持ちの源泉徴収票は1枚のみですか。
  • 勤務先で年末調整が済んでいますか。
  • 以下のいずれかの控除を受けますか。
  • 医療費控除、寄付金控除の他に確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更はありますか。

この質問にすべて答えたあと【次へ】ボタンを押します。

④ガイドに従って必要事項を入力する

本人情報の確認を入力すると、源泉徴収票に記載されている事項の入力画面が出てきます。

ガイドに従って必要事項を入力していきましょう。

入力箇所等間違えた場合にはアラート等で知らせてくれるので、初めての方でも自力で十分進めていくことは可能です。

ななみ
ななみ

ガイドに従って入力を進めていくと、実際に還付される金額が画面上に表示されるよ。

⑤書類を印刷

スマホで作成した医療費控除のための必要書類は、アプリを使えば簡単にプリントアウトすることができます。

ここではアプリの「かんたんnetprint」を利用して、セブンイレブンのマルチコピー機で印刷する方法をご紹介します。

  1. アプリ「かんたんnetprint」をダウンロード
  2. 作成した確定申告書の「申告書の印刷」ページより、「帳票表示・印刷」を選択
  3. 確定申告書のPDFが開いたら画面上の共有ボタン(□に↑マーク)より「かんたんnetprintにコピー」を選択
  4. カラーモード→プリント時に選択→白黒→登録
  5. アップロードが完了→閉じるを選択し、発行された8ケタの予約番号をメモ
  6. セブンイレブンの店頭でマルチコピー機を利用して印刷

※ユーザー登録なしの場合、印刷有効期限はプリント予約日+1日となります。

⑤管轄の税務署へ郵送にて提出

印刷した確定申告書Aと医療費控除の明細書とともに、添付書類を同封して税務署に提出します。

郵送の他に持参することも可能です。お疲れ様でした♪



確定申告をスマホでおこなうメリット

ここまでご覧いただいて、「スマホで確定申告ができることは分かったけどわざわざ確定申告をスマホでおこなうメリットってなくない・・?」と思った鋭い感性をお持ちのあなた。

そうなんです・・!

スマホで確定申告ができるのは、「サラリーマンで医療費控除や寄付金控除のためだけに確定申告をする人」という、かなり限定的な場合のみだったりするんですよね・・

ただ確定申告をスマホでおこなうメリットとしてしいていうなら、

  • 日常的にパソコンに触れる機会がない人
  • 医療費控除なんて難しいことはよく分からんからそもそも申請しない人

にとっては、メリットになるんじゃないかな~と思います。

普段パソコンを触らない方にとっては、パソコンを開くことすらハードルが高かったりしますよね・・

スマホでもできるレベルで簡単だと思えれば、医療費控除に挑戦してみよう!と思うことができるんじゃないでしょうか。

実際にやってみるとお分かりいただけると思うんですが、医療費控除などの還付申告だけならめちゃくちゃ簡単です♪

一定の条件を満たしていれば、医療費控除の申請をするだけで住民税が安くなる、または還付金を受け取ることができるんだからやらなきゃ損です!

実際に医療費控除の申請をする前にいくらくらい戻るかの目安や、何が対象になるのかについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

→医療費控除でいくら戻る?実際に戻った金額に驚きが隠せなかった!

さいごに

確定申告をスマホでできる人は現時点ではかなり限定的なのが実際のところ。

それでも便利になった!簡単にできるようになって助かる!という方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

特に医療費控除は一定条件を満たした人が申請しさえすれば必ず取り戻せるお金なので、今年の医療費控除はぜひスマホでやってみてはいかがでしょうか^^

タイトルとURLをコピーしました