ギザ10の価値。6000倍のプレミアがつくのも夢じゃなかった!

買い物したときのおつりの中にギザ10が混ざっていると、「おっ!」と一瞬うれしい気持ちになりますよね。

そしてそのギザ10をなんとなく大事に財布にしまっていたり、自宅で保管している人も少なくないかもしれません。

ギザ10は昭和26年から昭和33年に製造されたもので、当時としては高額の硬貨であったことから、偽造防止を目的に作られたもの。

そして平成から令和へ時が流れている今、ギザ10にとんでもなく高い価値がつけられることがあるんです。

保存状態によっては、10円がまさかの6万円にまで跳ね上がることも・・!

あなたが大事にしまっていたギザ10が、今再び脚光を浴びるときかもしれませんよ^^

ギザ10の価値(使用済みのもの)

昭和26年から昭和33に製造されたギザ10は、年代によって発行枚数が異なります。

昭和26年 1億106万8千枚
昭和27年 4億8663万2千枚
昭和28年 4億6630万枚
昭和29年 5億2090万枚
昭和30年 1億2310万枚
昭和31年 未発行
昭和32年 5千万枚
昭和33年 2500万枚

 

ギザ10の価値が高いのは、上の表から分かるとおり発行枚数が少ない年代のものです。

つまり昭和32年、昭和33年に発行されたギザ10が価値が高いとされていて、コインショップなどでは80~100円くらいの相場で買い取ってもらえるそうです。

 

「価値が高いって、その程度の話かいっ!!」と思ったあなた。

これはあくまで使用済みのギザ10の価値です。

これが未使用品ともなると、話は大きく変わってきます^^

ギザ10の価値(未使用のもの)

発行年度(発行枚数) 価値
昭和26年(101,068,000枚) 約60,000円
昭和27年(486,632,000枚) 約18,000円
昭和28年(466,300,000枚) 約18,000円
昭和29年(520,900,000枚) 約18,000円
昭和30年(123,100,000枚) 約25,000円
昭和31年(未発行)
昭和32年(50,000,000枚) 約40,000円
昭和33年(25,000,000枚) 約50,000円

 

いくらギザ10であっても額面金額はもちろん10円なのに、未使用品であるだけで数万円もの価値がつくなんてすごい話ですよね。

かつて私が銀行で勤めていたときにも、毎日数百枚、数千枚の硬貨を取り扱っていましたが、ただの一度も未使用のギザ10を見かけたことはありません・・!

もしも使わずに大事にとっておいたギザ10を保管している場合には、正しい価値を知るためにも一度専門の買取業者に査定を依頼してみるといいかもしれませんね^^

もちろん使用済みのギザ10であっても、見る人が見ればものすごいお宝の可能性もあるので、自分で価値がないと判断している場合は大損している可能性も・・。

 

古銭の買取業者であるバイセルは取引実績が豊富なうえ、

  • 出張料
  • 査定料
  • 買取手数料
  • 送料
  • キャンセル料

など、思いつく限りの料金がすべて無料です。

査定額に納得がいかない場合、無理に取引する必要はなく、査定後でも手放したくなくなったという理由でのキャンセルももちろんOK!

ギザ10の行く末を自分のペースでじっくりと決められるのも、数ある買取業者の中からバイセルをおすすめする理由の1つなんです♪

2018年度には出張買取価格満足度第1位という実績も残しているので、価格面でも安心できそうですね^^

\査定の申し込みは1分で完了(無料)/
不要な古銭、想い出の記念硬貨、売るなら【バイセル】

ギザ10を買取に出す場合の注意点

手元にあるギザ10を正しい価値で買い取ってもらうには、いくつか注意点があります。

知らなかった・・!で損することがないように、頭の片隅に置いておきましょう!

買取前にギザ10を洗わない

一般的に同じ発行年度のギザ10なら、状態がキレイなほど高値で買い取ってもらえます。

しかし少しでも高く買い取ってもらいたいがために、査定前にギザ10を洗ってキレイにするのはやめましょう。

下手に自分で洗ってキズがついたり色落ちさせてしまうと、逆に買取価格が下がってしまうからです。

またギザ10を洗うことで湿気がつき、カビが生える原因になることも。

もしもギザ10が汚れていたとしても、査定前には買取業者が持っているコイン専用クリーナーでキレイに磨いてくれます。

自分で洗って汚れを取っておけばより高く売れるかも・・!などと、心配する必要はありません。

専門の買取業者に依頼する

ギザ10などの古い硬貨を買い取ってもらうためには、リサイクルショップか専門の買取業者のどちらかに依頼することになります。

しかしリサイクルショップには古銭専門の鑑定士はいないことが普通なので、相場よりずっと安く買い叩かれる場合も。

その点、専門の買取業者なら必ず専門の鑑定士による査定を受けられるので、専門の技術を持って正確な価格をつけてもらえます。

リサイクルショップに出したがために大損することがないよう、必ず専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

\思いつく限りの手数料がすべて無料の買取業者なら/
不要な古銭、想い出の記念硬貨、売るなら【バイセル】

ギザ10はメルカリに出品できる?

不用品の処分といえば、使い勝手のよいメルカリを想像する人いるかもしれません。

結論からいうと、メルカリには現金を出品することはできない決まりにはなっています。

現在流通していないギザ10といえどもお金はお金なので、発見され次第削除される可能性が非常に高くなっています。

といいつつも、メルカリで古いお金や記念硬貨で検索すると、普通に検索結果に出てくるわけですが・・。

自宅にある不要なギザ10は秩序とマナーを守って、気持ちよく次の人に譲渡したいですね。

さいごに

自宅に眠るギザ10が6000倍の価値にあたる6万円の価値になるとしたら・・!

こんなウキウキする話はありませんよね♪

未使用品でなくても、素人には分からない希少価値があるかもしれません。

「そう価値はないだろう・・」なんて勝手に判断せずに、ビッグチャンスを掴むべくまずは専門の買取業者への査定を依頼してみてはいかがでしょうか^^

\無料査定の申し込みは1分で完了/
不要な古銭、想い出の記念硬貨、売るなら【バイセル】

関連記事

旧札の交換は銀行がベター。郵便局での両替を避けるべき決定的な理由。

不要な記念硬貨は銀行で交換できる。ただしビッグチャンスは掴めない。

破れたお札の交換方法。これだけ知っておけば二度手間を防げる!