ガス代が急に高くなった!3つの解決法で寒い冬を乗り切ろう。

秋冬シーズンは夏に比べるとガスの使用量が増加し、ガス料金となって家計にじわじわとダメージを与えてきますよね。

我が家では過去にガス代が急に高くなり、前月に比べて倍近く跳ね上がった経験がありますが、これは決して珍しいことではないのだとか・・!

ただ我が家にとって、冬のガス代に怯えるのはもう去年までの話。

原因をきちんと突き止め対策を練ったおかげで、今年は平常心で冬のガス代請求書を受け止められそうです^^

ガス代が異常に高い!考えられる3つの原因

ガス代が異常に高くなる要因は一概には言えませんが、大きく関係しているものとして季節要因が挙げられます。

季節要因として、ガス代が急に高くなったときに考えられる原因は3つです。

原因① 気温や水温の低下

気温が下がると水温も下がるため、お湯の設定温度と水温との差が大きくなります。

  • 水温 5℃ で給湯機の設定温度42℃の場合・・温度差37℃
  • 水温25℃で給湯器の設定温度42℃の場合・・温度差17℃

 

■42℃の設定温度でお湯を200リットル浴槽に溜める場合のガス代

  • 水温 5℃ の場合・・約95円
  • 水温25℃の場合・・約44円

※ガス使用量1㎥当たり127.18円で計算、基本使用料は含まず

 

同じ42℃の設定でも、温度差が大きいほどガス使用量は増えることが分かりますね。

また寒くなると洗面所やキッチンでお湯を使用する頻度も上がるため、これもガス代が急に上がる原因の1つとなります。

ななみ

ななみ
ちなみに、気温が1℃下がるだけでもガスの使用量はグッと増加します。寒くなればなるほどガス効率が悪くなるのです!

 

原因② 追い炊き

お風呂に入るタイミングが家族でバラバラだと、後から入る人は追い炊きをする機会が増えますよね。

この追い炊きも、積もり積もってガス代が驚くほど高くなる原因となります。

しかもお風呂の追い炊きは熱効率が悪く、200リットルのお湯を1℃上げるのに約3~4円ほどコストがかかります。

しかも先ほどの話と同様、40℃に下がったお湯を42℃まで追い炊きで温めるのと、30℃のお湯を42℃まで温めるのでは当然ガスの使用量が変わってきます。

 

仮に1回にかかるコストが4円とし1日1回追い炊きをしたとすると、1ヵ月で120円(=4円×30日)のガス代が上昇します。

真冬で気温が低くなると追い炊きの頻度が上がったり冷めきったお湯を追い炊きをしたりと、よりコストがかかることは明白です。

そして・・急に何かが爆発したかのように、異常に高いガス代が請求されることとなるのです・・!



原因③ 暖房器具

ガスファンヒーターは燃料がガスであるため、使用分はガス料金に上乗せして請求されます。

私の知り合いはガスファンヒーターを設置したことをすっかり忘れ、前月よりも約1万円も高いガス料金の請求がきて手が震えたそうです(笑)

ガス使用の暖房器具を新たに設置した場合には、ガス代が急に高くなることを頭の片隅に置き翌月のガス代請求を心して待つようにしましょう。

【根本的に解決】ガス代を下げる3つの方法

季節要因が満載の秋冬シーズンは、ガス代が上がってしまうのはある程度避けられません。

しかし問題なのは“上がり幅”ではないでしょうか。

1,000円くらいなら「まあ仕方ないか・・」で済む話でも、5,000円、1万円ともなるととても平常心ではいられません!!

そこで、ガス代を根本的に下げる方法を3つご紹介します。



解決方法① ガスの単価を下げる

まったくと言っていいほど世間に浸透してないことですが、2017年4月より都市ガスの自由化がスタートしました。

簡単に言えば、自由化によって消費者である私たちがガス供給会社を自由に選択することができるようになりました。

たとえば今まで当たり前に東京ガスを使用していたとしても、より単位料金(単価)の安いガス供給会社があればそちらに乗り換えてもOKになったということです。

ガス料金は、基本料金+(単位料金×使用量)で求められるので、単位料金が安いほどガス代を安く抑えられます。

ななみ

ななみ
我が家の場合、シュミレーションによってレモンガスが一番ガス料金を安く抑えることができるとのことだったので、東京ガスからレモンガスへと切り替えました^^

 

どのガス会社が一番安くなるかは家族構成やガス使用方法によって異なるため、ひとまず複数のガス会社の料金プランでシュミレーションしてみることをおすすめします^^

>>ガス料金プランを比較してガス代を今よりお安く!【ガスチョイス】

ななみ

ななみ
ガスチョイスなら、指定条件クリアで現金30,000円がキャッシュバックされます^^

 

ちなみに・・プロパンガスは2017年の都市ガス自由化より以前から、自由化がなされています。

プロパンガス使用世帯の方で今初めてこの事実を知った方、心中お察しします。

プロパンガスは公共料金ではなく各ガス会社の采配によってガス料金が定められているため、ガス単価は会社によって本当にまちまちです。

なかには平均の倍近い単価のガスを利用しているケースも・・。

ななみ

ななみ
でも大丈夫!冬は毎年必ずやってきます!

 

今年安い単価で供給してくれるプロパンガス会社に変更しておけば、毎年訪れる冬の時期の激高なガス代に怯えなくて済みます^^

年間でどのくらいガス料金が安くなるのか、ひとまずシュミレーションで確かめてみると実感が沸くのではないでしょうか^^

>>ガス料金プランを比較してガス代を今よりお安く!【ガスチョイス】

解決方法② プロパンガスなら値下げ交渉

今まで使い慣れたガス会社を変更するのは、なんとなく抵抗がある・・。

このような場合プロパンガス使用世帯なら、現在契約しているガス会社との値下げ交渉を行う方法があります。

うまくいけば契約中のガス会社のままガス料金を下げることができますし、うまくいかなかったときにはガス会社変更の選択肢を視野に入れてもよいでしょう。

解決方法③ 都市ガスならプラン変更

都市ガス使用世帯でガス会社変更に躊躇してしまう場合には、プラン変更を検討してみる方法があります。

ガス使用量や使用しているガス機器などによっては、お得になるプランがあるかもしれません。

プランによっては、季節要因で上昇してしまうガス代をある程度抑えることも可能なので、検討してみる価値は十分あります^^

さいごに

季節要因も関係し、ガスの使い方によってはガス代が急に高くなることは当然あり得る話です。

ガスの使い方を工夫したりできるだけガス使用量を抑えることも大切ですが、ただでさえ寒い時期に節約!節約!!となって体調を崩しては本末転倒です。

体調に支障をきたさない程度にガスの使用を控えながら、できるだけ低い単価のガス会社を選択することは一番理想的ではないでしょうか。

異常に高いガス代の請求を目の当たりにしてショックを受ける前に、今回ご紹介した方法も含めなんらかの対策を練っておくといいですね^^

>>ガス料金プランを比較してガス代を今よりお安く!【ガスチョイス】

 

\固定費の節約ならこちらもおすすめ/

毎月のスマホの支払いが高いな~と思い続けて早数年。 今までスマホはドコモで契約していて、毎月ほぼ定額で8,800円もの大金を支払っていまし...

関連記事

電力会社変更で考え得る不安をとことん調べてみました!

楽天モバイルの評価は?乗り換えて分かったメリットとデメリット。

電気代が高い。4つの安くする方法で年間約8,000円の節約が可能に。

エルピオでんきの申し込み方法。5分で手続きを済ませたあとはただ待つのみ!

カーシェアリングとマイカー比較。衝撃すぎる結果が待ち受けていた!

レモンガスのデメリットは3つ!契約前に要チェック!